第2回平成28年度小樽水産加工グランプリ 実施概要

小樽で製造されている水産加工品の魅力を広くアピールするとともに、ブランド化及び消費拡大を図ることを目的に、優れた水産加工品に表彰を行うグランプリを実施します。
審査は審査員の実食により行い、高い評価を得た商品については、小樽を代表する水産加工品として、 ホームページ上で情報発信するとともに、販路拡大の取組に対し支援を行います。
小樽水産加工品ブランド推進委員会
【委員会構成団体】小樽市、小樽水産加工振興協議会、小樽水産加工業協同組合、シーネット小樽機船有限責任事業組合、市内加工業者
北海道後志総合振興局、北海道水産物加工協同組合連合会、小樽商工会議所、一般社団法人小樽観光協会、一般社団法人小樽物産協会、一般社団法人北海道中小企業家同友会しりべし・小樽支部
平成28年8月24日(水)
グランドパーク小樽(小樽市築港11番3号)
(1)審査
 ①審査は、専門家や販売業者等による審査と一般市民による審査を分け、別に定める審査基準に基づき、審査員の実食により行い、「金賞」「銀賞」「銅賞」を各1品ずつ決定いたします。
 ②審査基準は以下4項目とします。
  ・食味及び食感(風味、調和、舌ざわり等が良好である。)
  ・外観、ネーミング(購買意欲、食欲を増進させる色合い、表面の仕上がり、
   形状が良好である。お客様に覚えてもらえるインパクトがある。)
  ・市場性(売り先や商品価値に見合った価格設定、パッケージである。
   販路促進のポイントとなる工夫がされている。)
  ・加工技術(独自性、新規性に優れた加工技術がある。)
(2)表彰 「金賞」「銀賞」「銅賞」を受賞した商品については、後日、結果発表及び表彰式を行います。
1.下記の品目に該当する水産加工品
ねり製品、冷凍食品、素干し品、塩干品、煮干し品、塩蔵品、くん製品、節製品、その他 (農林水産省統計資料による)
2.関係法令に違反していない商品であること
応募資格は、次の各号に該当するものとします。
1.小樽市に本社がある水産加工業者
2.製品の製造における主要な工程を小樽市内で行っていること
3.製品の販売権利を持つもの
4.8月24日(水)に予定している審査会において、出品物の現物を提供することができること
5.同グランプリにおいて過去に金賞を受賞した製品の出品は受付できません。
  第1回の同グランプリにおいて、銀若しくは銅賞を受賞した製品は今回受付できません。
※ただし、主催者がふさわしくないと判断した場合には、応募を断る場合があります。
小樽市のホームページから「小樽水産加工グランプリ応募申込書」をダウンロードし必要事項を記入して応募してください。
審査時の調理方法についての要望(レシピ等)があれば、申込書に記入してください。
応募は、郵送もしくはメールにてお願い致します。メールで応募される場合は申込書をメールに添付し、下記の宛先に締め切りまでにお送りください。

応募締切:平成28年7月20日(水)24:00 ※郵送の場合は当日消印有効

※出品物は、審査・展示終了後、主催者で処理します。
【申込先・問合せ先】
■住 所:〒047-0048 小樽市高島1丁目2番5号
■小樽水産加工品ブランド推進委員会事務局(小樽市産業港湾部水産課内)
■電 話&FAX:0134-22-5378 担当:中居
■メール:suisan@city.otaru.lg.jp

受賞商品については、 小樽市及び小樽のおさかな普及推進委員会のホームページで紹介し、情報発信します。
また、後日、受賞商品を販売するに当たっては、受賞したことを表すシールの使用権が与えられます。

「小樽水産加工グランプリ応募申込書」に必要事項を記入し、郵送もしくはメールで応募してください。
(郵送の場合は当日消印有効)
審査用等(30人分程度)及び展示分(1~2品)に必要な数量 を、事務局(小樽市産業港湾部水産課)まで搬入願います。
審査員が別に定める審査実施要領により、実食審査を行い、受賞商品を選出します。
審査の結果優秀な商品に対して、金賞、銀賞、銅賞を送ります。
・受賞シールの使用を認めます
・小樽市及び小樽のおさかな普及推進委員会のホームページにて紹介
・道内外の商談会等への出展の支援(金賞のみ)
・イベントでの販売

第1回 平成26年 小樽水産加工グランプリの様子